昔の怪我からの腰痛


皆さんおはようございます。
ナカムラ接骨院の樋口です。

この前、腰痛の方が来られました。

その方を診てみると、原因は足首にありましたら。

治療していると
『昔、そちらの足首を大きく捻挫をした事がある』
とのこと。

前屈位で痛みがあったのですが、治療が終わると痛みは消えていました。

そして、直接腰を一切触っていないのに痛みが取れていることに驚かれていました。

オステオパシーで大切なのは
痛い所の治療よりも、なぜ痛くなっているかを探すことにあります。

そして過去の古傷(捻挫や手術痕など)にも大きく影響されます。

そして今回の治療で自分が、この業界に入った時のことを思い出しました。

思えば高校生の時に腰痛があり、通った治療院で足首に原因があると言われ、矯正したもらったら痛みが取れたということがありました。

その時、自分が受けた感動や治った事の喜びをもっともっと多くの方に届けたい。

そして健康を
・予防
・促進
・維持

する習慣や文化が広まることが出来るようにしていきたいです。

当院では根本改善・原因解決のためのオステオパシーによる特別治療。急性の外傷による保険施術、外反母趾テーピング、巻き爪治療をしております。

詳しくはホームページ
http://nakamura-sekkotsuin.net/

ご予約はお電話にて受け付けております
tel:075-954-1225

猫背と自覚したあなたへ

皆さんおはようございます。
ナカムラ接骨院の樋口です。

「私、猫背なんです」が口癖のあなた!

猫背というのは、いつ気付かれましたか?

自分の姿勢は自分で見えない。

多くあるのが
・不意に鏡に映った自分を見て
・人に指摘されて

心当たりありませんか?

猫背になると様々な症状を引き起こしやすくなるというのと、集中力が低下します。

元々、人は丸くなることによってリラックスしていました。
(これは母体の中で丸まっていたこととも関係があるとされています)

しかし活動的になりたい時に集中出来なくては意味がありません。

姿勢を改善することで大切なのが
何故悪くなっているか
を理解することです。

身体の歪みによって引っ張られているのかもしれません。

普段の姿勢でそうなっているのかもしれません。

身体の歪みに関しては各々の患者さんに治療で説明します。

普段気をつけることですが«座る»という分野で話をさせて頂きますと

机と椅子の高さが関係します。

例えば机が低いのに椅子が高ければ、必然的に猫背になります。
(ほとんどがそういった形です。)

そして椅子にもたれることも背中が丸くなりやすくなります。

改善策としては椅子が上下するタイプであれば、身体が丸くなりやすくなる状況にならない程度に椅子を下げるべきです。

もしこのブログを会社経営者の方が見ているのであれば、スタンディングでデスクワークをしてみてはいかがですか?

何よりスタンディングの方が座ってデスクワークするよりも作業効率が良くなるというデータもあります。
(これも猫背と関係があります。)

海外の一流企業は、この方法をとっているところもあります。

身体の健康に気を遣うことによって、仕事やプライベートを充実させましょう!!

当院では根本改善・原因解決のためのオステオパシーによる特別治療。急性の外傷による保険施術、外反母趾テーピング、巻き爪治療をしております。

詳しくはホームページ
http://nakamura-sekkotsuin.net/

ご予約はお電話にて受け付けております
tel:075-954-1225

疲労感が抜けない方へ

皆さんおはようございます。
ナカムラ接骨院の樋口です。

『あ〜なんかしんどくいな〜』
『身体が疲れやすいな〜』

と感じておられる方。

 結構、沢山おられます。

『こんなことで治療に行っても良かったんですね!』

と言われた方がおられましたのでブログに書きたいと思います。

さて、何故疲れやすいでしょうか?

ここでは栄養学のことは割愛させて頂きます。

食事のバランスによって体調は大きく変わります。

今回は身体の構造に関してです。

診ていて圧倒的に多いのが
«呼吸の質の低下»
です。

呼吸によって肺が膨らみ、閉じて、肋骨が膨らみ、閉じる動きが鈍くなっている方が多いです。

呼吸が弱いと感じて『それだけで疲れやすくなるの?』と思われる方も多いと思います。

非常に当たり前のことなのですが
«呼吸はずっとしているもの»
です。

なので1日単位でみても、かなりの量になります。

臨床でのことですが、今まで肋骨や肺に病変が多い方が多かったのですが、最近は心臓系、心血管系に硬さを感じる方が多い。

これは環境によるものであったり、食事によっても大きく変わります。

当院のメカニカルリンクでは心臓の動きや心血管系の可動性があるかも触診で調べます。

そこに対してアプローチするだけで身体は変わります。

後は自宅でのセルフケアとして呼吸の意識の仕方や食事指導も行います。

そうしていくことで身体が元に戻らないようにしていくんですね。

今では月1回のメンテナンスとして来られる方も多くなりました。

皆さんの健康意識の高さに全力で向き合いたいと思っています。

身体に不調のある方、お気軽にご相談下さい😊

当院では根本改善・原因解決のためのオステオパシーによる特別治療。急性の外傷による保険施術、外反母趾テーピング、巻き爪治療をしております。

詳しくはホームページ
http://nakamura-sekkotsuin.net/

ご予約はお電話にて受け付けております
tel:075-954-1225

滋賀県へメカニカルリンク合宿に行ってきました

皆さんおはようございます!
ナカムラ接骨院の樋口です。

先日、滋賀県彦根市にあります研修施設で2日間のメカニカルリンクの練習合宿に参加しました。

滋賀県は、とても良い所でした♪
自然の多い所で良いリフレッシュになりました♪

そして練習合宿では、ひたすらメカニカルリンクの練習。

当院ではオステオパシーの中でもフランス発祥であるメカニカルリンクという治療法で施術しています。(カタカナ多め)

メカニカルリンクは受けた方は分かると思いますが、1つ1つの構造に歪みがないかの検査をします。

そして見つけた歪みの中でも1番キーポイントとなる歪みに対してリコイルという治療をします。

そうすると二次的、三次的に歪みが出ていた部分は解消され、身体が自然治癒力によって回復する環境を作ることが出来ます。

初めて受ける方は何をされているか全く分からないと思います。

1つ1つの構造に対しての検査が1番重要なので、かなりの繊細さを求められます。

合宿では、ひたすら検査して確かめてを繰り返し、メンバー内で話し合いながら整合性を高めていきました!

集中した練習の後は。。。


どーん!!!

近江牛です

近江牛ですき焼き。。。

美味しくない訳がない!久しぶりに良い肉を食べて自分の身体も喜んでいました笑

合宿では練習だけでなく、このように美味しい食事があり、何より合宿に来られたメンバーと絆を深めることが出来ます♪


同じ志をもった仲間でこれからも技術研鑽し、1人でも多くの方を救えるように精進致します。

身体で不調の方、お悩みの方、是非当院のメカニカルリンクを受けてみてください。

当院では根本改善・原因解決のためのオステオパシーによる特別治療。急性の外傷による保険施術、外反母趾テーピング、巻き爪治療をしております。

詳しくはホームページ
http://nakamura-sekkotsuin.net/

ご予約はお電話にて受け付けております
tel:075-954-1225

痩せたい!は痩せない。

皆さんおはようございます!
ナカムラ接骨院の樋口です。

『痩せたい!』

これは多くの方が口にする言葉です。

しかし多くの方が挫折してしまったり失敗に終わります。

何故かというのを僕なりの見解で書きます。

まず『痩せる』という目標にどれだけの理由があるかということです。

大きく3つに分けると

①苦痛からの解放
②明確な目標達成
③環境

です。

①は病気を克服するためやコンプレックスに対する克服等です。

前にブログで書きましたが、その想いが強ければ強いほど力を発揮します。

②は、いついつまでに〜㌔痩せる、いついつの大会に出るために身体を絞る等です。

目標の日にちなど具体的であればあるほど力を発揮します。

③は、追い込むための環境を先に作っておくということです。

誘惑は必ずあります。それでも手を出せないような状況に自ら追い込むことです。

この③には①と②が強いと自然と作れるものではないかなと思います。

1番強いのは①と②と③の複合型です。
苦痛からの解放+明確な目標+環境作り

こうなると人は強い。
簡単にダイエットを辞めたりはしないはずです。

そこに+して知識は必要になりますが追い込まれている場合、自然と自分で調べようとします。

痩せる人の流れとしては

痩せたい→もうこの状況を解消したい→いついつまでに何㌔痩せる!→痩せるために食事を徹底し、ジムに通ったりサポートを受ける

です(^^)

大人になって本気を出すことが少なくなった今。

1度本気を出して自分と向き合ってみてはいかがでしょうか?

当院では根本改善・原因解決のためのオステオパシーによる特別治療。急性の外傷による保険施術、外反母趾テーピング、巻き爪治療をしております。

詳しくはホームページ
http://nakamura-sekkotsuin.net/

ご予約はお電話にて受け付けております
tel:075-954-1225

コンプレックスが圧倒的な力を生み出す


皆さんおはようございます!
ナカムラ接骨院の樋口です。

皆さんは身体にコンプレックスがありますか?

僕はありました。

『柔道整復師なのにガリガリ』

これがコンプレックスでした。

何気なく言われる『ガリガリやん!』これ実は痩せてる人にとっては傷つく一言です^^;

相手に悪気はないのですが。。。^^;

しかしこのコンプレックスも、きっかけがあればプラスに動き出します。

これがあったおかげで筋トレのモチベーションになっています。

よく『そんなストイックに!』と言われますが、もう言われたくないと思うと自然と力が出ます。

だから全てのコンプレックスが悪い訳ではありません。

コンプレックスだからという一言で諦めるのではなく、コンプレックスがあるから〇〇しよう!と肯定的な気持ちで望んでみてください。

筋トレに限らず良い結果に結びつくきっかけになると思いますよ(^^)

当院では根本改善・原因解決のためのオステオパシーによる特別治療。急性の外傷による保険施術、外反母趾テーピング、巻き爪治療をしております。

詳しくはホームページ
http://nakamura-sekkotsuin.net/

ご予約はお電話にて受け付けております
tel:075-954-1225

昔の怪我が症状のきっかけに!?

皆さんこんにちは!
ナカムラ接骨院の樋口です。

先日、来られた患者さん。
症状は【頭痛】
来られた時、頭痛はなかったですが、頻繁になるとのこと。
そして、肩が詰まるような感じ。

腕を挙げてみても片方だけ挙がりにくい。

オステオパシーの治療では、〝頭痛〟だから〝腕が挙がりにくい〟からといって頭を揉んだり肩を揉みほぐしたりしません。

何故その症状に至ったのかを触診によって探します。

そして、分かったのは昔に足首の捻挫をしているということ。

そして、その足首をかばうために片方の足に重心がいき、身体のバランスが崩れていました。

どのくらい重心がかかっているかは〝膝窩筋〟という膝の筋肉の緊張度合いを診ればすぐに分かります。

足首をソフトな施術で治療すると、その場で膝窩筋の緊張は取れて、腕も挙がるようになりました。

患者さんは、昔の怪我が今に至っていることと、肩を触っていないのに腕が挙がっていることに驚いていました。

僕の見解では〝頭痛〟も二次的に軽快していきます。

あとは、足首の靭帯が伸びてしまっているので、そこに対してはリハビリをして調整し負担の掛かりにくい足首作りをしなければいけません。

今回は症状に対して治療の一例を書きましたが、ほとんどの場合
症状の原因は症状のある場所にありません※打撲等は除く

それを探して見つけて治療するのがオステオパシーです。

初めて来られる方はオステオパシーって聞いた事なかったけどと不安そうな感じで来られますが、受けてみると違いが分かります。

そして、なりより自然で身体を尊重している治療だなと僕は思っています。

皆さんは自分の身体を尊重していますか?
二の次にしていませんか?
もう一度身体の声に耳を傾けてみてくださいね(^^)

当院では根本改善・原因解決のためのオステオパシーによる特別治療。急性の外傷による保険施術、外反母趾テーピング、巻き爪治療をしております。

詳しくはホームページ
http://nakamura-sekkotsuin.net/

ご予約はお電話にて受け付けております
tel:075-954-1225

糖質制限の第一歩へ

皆さんおはようございます。
ナカムラ接骨院の樋口です。

皆さん「糖質制限」と聞くと億劫になりませんか?

現在、私は減量で身体を絞っていますので1日に糖質は30g程しか摂取しません。

炭水化物に糖質は多く含まれており、白米は、お茶碗一杯に糖質が約55g程入っています。

よって一日に玄米をお茶碗半分分くらいしか摂りません。

ここまで極端な減量をするのには目標とする期間があるからだけであって、健康を維持したいと思われている方は、ここまでするのは辛いと思います。

そこで糖質制限の第一歩としてどうしていくのが1番楽かと言うと

夜ごはんだけ白ご飯を抜くことです

何故、夜に白ご飯を抜くかというと

糖質は主なエネルギー源になります。例えるのであればガソリンのようなもので、糖質を消費しながらエネルギーとしているのですが、夜は残り寝るだけで活動量が少ないのでエネルギーをあまり必要としません。

エネルギーを消化しなくても良いのに糖質が身体に残っていると脂肪に変わります。

よって夜だけ白ご飯を抜くことが第一歩になると思います。

それだけでも身体は変わります。

僕の診ている患者さんでも試してみると顔周りがすぐにシャープになりました。

顔周りは割と早くスッキリします。

1番難しいのはお腹周りとお尻です。

ここは脂肪が燃焼しにくく落ちるのも1番最後になります。

まずは夜ごはんから!

そしてこのダイエットは日中の集中力が高まったり急な眠気に襲われることもなくなります。

本格的に脂肪を落としたいのであれば、トレーニングともう少しの食事、栄養バランスが必要になります。

まずは一歩から踏み出してみてくださいね!
ご質問等あればいつでもどうぞ!

当院では根本改善・原因解決のためのオステオパシーによる特別治療。急性の外傷による保険施術、外反母趾テーピング、巻き爪治療をしております。

詳しくはホームページ
http://nakamura-sekkotsuin.net/

ご予約はお電話にて受け付けております
tel:075-954-1225

ローカーボの食事を摂る

皆さんおはようございます。
ナカムラ接骨院の樋口です。

「ローカーボ」という言葉を聞いた事はありますか?

ローカーボとは糖質を抑えた食事のことです。

人間はブドウ糖をエネルギーとしているため糖分(三大栄養素の中でも主に炭水化物に含まれている)を摂取する必要があるとされています。

しかし、過剰な糖分摂取は血糖値を急激に引き上げ肥満などの生活習慣病の原因となってしまいます。

そして人間はブドウ糖のみをエネルギー源としている訳ではありません。

そう、今僕が減量に使っているダイエット法「ケトジェニックダイエット」ではケトン体を主なエネルギーとしています。

ケトン体とは人間の体内で糖質の供給が少なくなった時に肝臓から出る物質で身体を動かすエネルギーとなります。

これは主にたんぱく質や脂質をエネルギー源としています。

それが減量に繋がるという訳です。

そしてそして、肝臓からケトン体を身体のエネルギー源とすることによって子供の頭が良くなるという臨床データも出ています!

大人でも頭がスッキリし、急な眠気に襲われることがなくなります。

ケトジェニックダイエットは食事をあまり制限しません。糖質はかなり抑えますが肉や魚、卵などは摂っても大丈夫なんです!
(これが救い。。。笑)

まだまだケトジェニックダイエットには奥が深くて僕自身も調べながら自分の身体で人体実験をするように勉強しています。

そして、減量が成功すればしっかりと報告させて頂きたいと思っています。

そしてそんな勉強をしていると高槻でローカーボの店を見つけました!

「ローカーボキッチン然」

さてさて気になるお食事の内容は。。。

☆豚の塩焼きそば(糖質7g以下)⇩

☆鶏唐揚げサラダプレート(糖質5g以下)⇩

☆ロールケーキ(糖質5.4g)⇩

☆チーズケーキ(糖質1.9g)⇩

どれも絶品でした!身体に良いと思うとさらに美味しく感じますね♪

店内も綺麗でした

是非皆さんも行ってみて下さいね!

当院では根本改善・原因解決のためのオステオパシーによる特別治療。急性の外傷による保険施術、外反母趾テーピング、巻き爪治療をしております。

詳しくはホームページ
http://nakamura-sekkotsuin.net/

ご予約はお電話にて受け付けております
tel:075-954-1225

姿勢を正しくしない方が良いこともある

皆さんおはようございます。
ナカムラ接骨院の樋口です。

「姿勢を正しなさい!」

これはよくある言葉で、皆さんも1回は口にした事はあるのではないでしょうか?

しかし、全ての方が姿勢を正さないといけないわけでははありません。

まず姿勢が悪くなるのを2つに分類すると

①筋肉によるもの
②骨によるもの

に分けることが出来ます。

他にも色々とあるのですが、今回は大きくこの2つに分けます。

まず①
筋肉が固まってしまったり、筋力が不足するもの。
これに対しては身体の歪みを調整したり、必要な筋力を鍛えることによって改善されます。

意識的に姿勢を正そうとするのも間違った正し方でない限り大丈夫です。
(姿勢を正そうとして腰椎が反ってしまい、かえって悪くなることもあるので注意⚠)

続いて②
骨によるもの。
これは骨の変形のことを言っています。

筋肉というのはゴム状の繊維で伸び縮みするため修正することが可能ですが、骨が変形してしまっている場合は元の状態には戻りません。

骨が変形してしまうのも長年の歪みの放置や必要な筋力が不足してしまってることや、ホルモンバランスの乱れなどで起こります。

骨の変形に対してのアプローチは出来ませんが周りの他の組織に対してのアプローチは出来るため骨が変形してしまっている方でも姿勢をある程度まで改善することは可能です。
※骨が変形しましまっているため完全には元に戻りません

そもそも姿勢が悪くなることが背中だけに問題がある訳ではありません。

例えば膝をガニ股で立ってみてください。

そしてその状態で姿勢を正そうとしてください。

そうすると姿勢が伸びきらなかったり、背中から腰が辛くなると思います。

姿勢を正そうとしているのに痛みが出てしまうのです。

なので全ての方が姿勢を意識的に正すべきではありません。背中が丸くなっている方も、その姿勢が1番身体にとって楽な状態になっているための姿勢なのです。

だから
姿勢が悪くなってから行動するのではなく、悪くなる前に歪みの調整や必要な筋肉のトレーニングが必要です。

いつでもご相談下さいね。

写真:摩耶山 掬星台

当院では根本改善・原因解決のためのオステオパシーによる特別治療。急性の外傷による保険施術、外反母趾テーピング、巻き爪治療をしております。

詳しくはホームページ
http://nakamura-sekkotsuin.net/

ご予約はお電話にて受け付けております
tel:075-954-1225