朝起きた時に腰が痛い原因とは

皆さんこんにちは。

ナカムラ接骨院の樋口です。

朝起きたら腰が痛い。

しばらく動いていると腰の痛みがなくなっていく…でもほとんど毎朝腰が痛いんです!という方は今回のブログが参考になると思います。

是非最後まで読んでみてくださいね。

患者さんから「朝起きたら腰が痛い!でも起きてから体を動き出すといつの間にか痛みがなくなってるんです。なんでですか?」という質問を頂きました。

このような疑問を持っている方も多いかと思います。今回はこの不思議についての解説をさせて頂きます。

話の構成は

①朝起きたら腰が痛いのは血流が大きく関係していた!?

②腰痛と感情の関係について

③朝起きる時の腰痛が改善され、スッキリ起き上がるためには

です。

では話を進めましょう。

①朝起きたら腰が痛いのは血流が大きく関係していた!?

答えから言いますと朝起きる時に腰が痛くて、次第に痛みがマシになる現象は〝血流〟が大きく関係している可能性があります。

理由は寝ている時、寝返り以外は体を動かしませんよね。

体を動かしていない状態が続き、朝起きた時には腰が痛い。

ここまでなら血流が関係しているとは言いにくいのですが、体を動かしていると痛みがマシになってくるということは体を動かして血流が良くなったから痛みが軽減しているのではないか?と考えることが出来ます。

この血流が悪くなってしまう原因はいくつか考えられます。

・運動不足になっていないか

・寝る時に体が冷えていないか

・マットレスが自分の体に合っているものか

などなどです。もし朝起きた時に痛みがあり、それが血流に関係するものであれば、これらの項目を見直してみると良いでしょう。

続いて

②腰痛と感情の関係について

特に腰痛と関係が深いのが〝内臓〟になります

内臓は腰骨の前側に位置しています。

体が冷えて血流が悪くなったりすると内臓の動きにも影響します。

ここからは東洋医学の話になります。東洋医学では感情と臓器には繋がりがあると言われています。

怒り=肝臓

喜び=心臓

思い悩む=脾臓

悲しみ=肺

恐れる=腎臓

といった具合です。

これは感情から臓器の動きに影響を与えることもあれば、逆に臓器の動きから感情に影響を与える場合があります。

簡単に言うと、例えば自分が誰かに怒るような出来事が多く続いたとします。

すると腰痛が出てきた… ということがあります。

一概に怒りから腰痛に繋がったとは言えませんが、このようなケースは結構多くあります。

特に 怒り=肝臓 と 恐れる=腎臓 は腰痛に多いパターンです。

施術中にも臓器の動きをみていますが、肝臓の動きが悪くなっている方に対して「最近何かに対してものすごく怒るような出来事がありましたか?」 と聞くことがあります。

そうすると結構当たっていて、その話を話してくれることがあります。あとは本人が気付いていないケースもあります。先程のように質問をした時に「いやないですね!」と言われることもあります。

これは初診の方に多い傾向なのですが、だいぶ前の強い出来事で、それがトラウマとなって残っていることがあるんです。

施術が終わると、その過去について話してくれることもあります。東洋医学と聞くと、どこかフワッとしたように感じることもあるとは思いますが、こんなことがあるんだな〜くらいで考えてもらえると幸いです。

最後に

③朝起きる時の腰痛が改善され、スッキリ起き上がるためには

朝起きた時の腰痛を改善するためには〝血流を良くすること〟と言いました。血流を良くするためには ・運動不足になっていないか ・寝る時に体が冷えていないか ・マットレスが自分の体に合っているものかこれらを見直して見てください。

そして+‪αで東洋医学を取り入れてみるのも良いと思います。

特に腰痛なら 「最近怒るような出来事はないか」 「不安や恐れが何かあるのではないか」 と一度自問自答してみましょう。

自分の抱えているものを認識するだけで感情をコントロールしやすくなります。

これを実践したのが〝瞑想〟です。

瞑想の方法についてはInstagramで解説しておりますのでチェックしてみて下さい ⇩

View this post on Instagram

【自律神経の整え方③〜瞑想編〜】 瞑想と聞くと「何それ宗教?」などと不信がられる方もおられますが、スポーツ選手や一流企業などは心を整えるために取り入れております 瞑想にもいくつかあります。 ①サマタ瞑想 ②ヴィパッサナー瞑想 ③マインドフルネス瞑想 ④歩行瞑想 ⑤食事瞑想 ⑥手動瞑想 ⑦慈悲の瞑想 1つ1つの瞑想の解説は割愛しますが、私が実践しているのは ②ヴィパッサナー瞑想 ③マインドフルネス瞑想 です 実践方法を解説します まずはリラックス出来る場所で楽な姿勢で座りましょう(イス・地べたやベッドの上であぐらetc…) 何も用意するものは入りません。 集中するためにアロマで部屋に香りをつける、もしくは部屋を暗くして間接照明の明かりだけにするなどして空間を作ります。 目を閉じて呼吸を深くするように意識しましょう そうすると色々と考えが頭を巡ると思います 「あ!SNS更新しなきゃ!」 「今日は酷いこと言われたよな〜」 「もっと良くするためにどうしていけばいいのだろうか」 etc… その考えに対して《YES》や《No》を判断しないようにします。 例えるなら川に流れてきた木の葉を〝ただ眺めるだけ〟です これを最初は10分間 慣れてきたら15分〜20分行うようにします そうすると心が落ち着き《本当に正しいものは何か》を判断する力がつき、集中力も身につきます 是非お試し下さい #高槻#大阪#整体#ユーカリ#頭蓋調整#子供#姿勢改善#頭痛 #自律神経#自律神経を整える#瞑想#マインドフルネス#健康 #リラックス#呼吸

A post shared by ユーカリ (@eucalyosteopathy) on

是非お試し下さい。

最後に腰に負担がかからないベッドからの起き上がり方について解説します。

朝ベッドから起き上がる時に正面から腹筋を使って起き上がっていませんか?実はこの起き上がり方は腰骨を大きく動かすため腰に負担がかかりやすい起き方になります。

腰に負担をかけないためには

①まずは横を向く

②ベッドに手をつき、足をベッドから出す

③手の力と足の振り子を使って起き上がる

こうすると腰に負担をかけないで起き上がることが出来ます。

是非お試し下さい。これらを試しても痛みや不調がある場合は当院までご相談下さい。

監修:樋口亮太/柔道整復師

#腰痛

#原因

#足首

#朝起きたら

#腸

#血流

#布団

#怒り

#胃腸

#慢性

#内臓

#寝起き

#冷房

#運動不足

#分からない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

35周年記念企画